鰯心

≫2009年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摩擦はほどほどに。

先日、近所のスナックの前を通りかかり、

扉が開いてたので何となく目をやると、

ちょうどそのタイミングで
店内からやたらと荘厳な音楽が流れ始めました。

どうやらホステスさんがカラオケの練習をしている模様。

ドア全開で、ボリュームも全開!

昼下がりの街に響き渡るその歌声。

「ざ?ん?こ?く?な天使のよぉに?ぃ♪」

!!!

えぇー!ですよ!

キターッ!

つぅか、ヘターッ!

もぅ、いろんな意味で近所迷惑も甚だしい感じでした。

が、俺には届いたね!

パチンコ好きなオヤジにウケようと努力する、
健気なホステスの情熱が!

熱いパトスがほとばしりまくっていたもんね!

どうも、
この間夢に綾波氏も出て来ちゃった事だし、
これは俺にとってのセカンドインパクトじゃなかろうか!

つって、
早いトコ神話になろうと思うに至った団長です。

いやはやめっきり寒くなって参りましたねぇ。

インフル的な輩が猛威をふるっておりますねぇ。

皆様ご無事でいらっしゃいますかな?

まったく、普通の風邪ならまだしも、
インフルって奴ぁ、厄介ですよね。

出勤停止とかになるもんね。

日銭を稼いで生き長らえているパート職員にとっては、
かなりの致命傷ですよ!

インフルで…っつうか、
金欠で死にますよ!

だぁ?!
オラまだ死にとぅない!

っと言うわけで、
チクリとやられて来ました。

予防接種。

まぁしかし、団長のパート先では毎年この時期、強制的にインフルエンザの予防接種を受けさせられるので、
嫌だと言ったところで
無理矢理にワクチンをぶち込まれるわけですが…。

『くたばりません、勝までは!』
の精神で、前向きに臨んだですよ。

いや…ホントは
寸前まで相当ビビっておりましたがね!

「いくらチキンだからって、たかが注射でそんなに??」

と言われそうですが…。

だって…
去年の注射が頗る痛かったんですもの!!

看護婦さんは結構な人数の従業員に注射しないといけないので、
スムーズィーな流れ作業テクが要求されるのは解りますけど…。

え?、まずグサッと刺します。
そしてズバッと注入します。
さらにバンソウコを貼って、その上から
グーでドーンと一発殴られます…。

最後のドーンは、バンソウコを圧着させるため?
かと思われます。

グサッとズバッとドーン!
グサッとズバッとドーン!

って、素晴らしく、手際良く、リズミカルに!

しかしその全てが力いっぱいで
勢い有りすぎなため、マジ痛いの!

言葉に表すなら、
「イデッ!グハッ!ギャーッ!」
でした。

あぁ、今年もまたそんな目に…
と薄くトラウマを引きずりながら
ついにその時が来ました!

高鳴る鼓動。
喪失に挑む処女のように身を固くする俺。

あぁ?!やさしくして?!

…どうやらその心の叫びは、聖母マリアの耳に届いたようです。

今年の看護婦さん。

チクッ☆
チュ?ッ☆
ペッタリ なでなで☆

んぁ?こっこれは!

おまけに最後は
「お風呂に入っても強く擦っちゃダメですよ♪」
っと優しさのオプションまで付けてくれました!

あぁ?ん☆

わっかりました?☆

もし夜更けに
看護婦さんの白衣から透けて見えてたブラ線が
脳裏をかすめたとしても、
強くコスッたりしませ?ん☆

いいなぁ?。

やっぱ俺、優しい天使が好っきゃな?☆

あ…ちなみに、
団長んちの母もナースですが…

…残酷です。

彼女のくれたテーゼのおかげで、俺はこんな…
擦るな言われても、ついついコスッテしまうような人間になりましたとさ♪

あぁ、母さん!
今夜も寒いぜ!

俺の受けた注射は、新型には効果ゼロだぜ!

引き続き予防に励みます。
(^-^;
スポンサーサイト

残酷な天使に逆切れ

つい先日の事。

何だか胸やけがするなぁ…と思いつつ、

「あぁ、さっき月餅を食ったからに違いない。」

と言う事にして無視。

何となく頭がボ?ッとするなぁ…と思いつつ、

「月餅食ってお腹いっぱいだし、眠いからに違いない。」

と言う事にして無視。

何か知んないけど寒気がするなぁ…と思いつつ、

「冷蔵庫でキンキンに冷えた月餅を食ったからに違いない。」

と、全てを月餅のせいにして、自分の体調の異変に対する完全無視をキメこもうとしたのですが、

さすがにそんな冤罪を着せられた月餅への罪悪感と、
マジな倦怠感に耐え切れなくなり、

とりあえず体温計をワキに挟んでみたのでした。

………。

ピピピッ。

ぬ?フムフム…。

…ん?…へ?

ほにゃ?!
お熱出とるやんけ!

37度5分越え。

まさかこのまま、うなぎ登り的に熱が上がるコースか?

天城越えか?

インフル?

もしや豚か?

新型か?

トレンディーなヤツ来ちゃった?

いくら俺が飛べない豚だからって、そんな?ぁ!

俺ぁ今、病に伏せってる場合じゃないんだよ?ぅ!

あわわ。
とにかく寝よ。
寝ればどうにかなる。
寝さえすれば…ねさ…
…(-_-)zzZ

…どうも。

本当に寝ただけで、その後はケロリと元気☆
お熱も平熱に☆

どうやら風邪をひくほどの脳みそをも
持ち合わせていないと言う事実が発覚した団長です。

いやぁ。
焦りましたけど。

バカで良かったらぁ☆

そして俺、そんなこんなで布団被って寝てた間に、
すんごく鮮明な夢を見たの。

それが…。

広い広い、真っ白な部屋の、真っ白な床の上。

仰向けに横たわる少女が一人。

彼女は全裸。

その空間に溶けてしまいそうなほどに白い肌をしていて、

小さく膨らんだ乳房と中途半端な陰毛が、妙に生々しい。

彼女がポツリ呟く。

「あめゆじゅう とてちてけんじゃ」

夢の中での俺は、どうやら少年である設定らしい。

彼女の側に立って、見下ろす形でその様子を眺めている。

彼女は繰り返し呟く。

「あめゆじゅう とてちてけんじゃ」

そんな状況にとまどいながらも、
俺は何故か彼女の横に寝そべった。

「何をしてるのか?」

と言うような事をたずねる俺。

「待っているのよ…。」

と、彼女は静かに答えた。

「何を待つの?
ずっと寝たままで?
何だかそれはおかしいよ。間違いだよ。」

と言うようなツッコミを入れる俺。

そして、彼女は表情を凍らせたまま言った。

「そうかしら?
終わりを怖がって、始まりに手を伸ばそうともしないあなたより、
ずっとマシだと思うけど…。」

俺は起き上がろうとした。

けれども体が動かず、
だんだん怖くなって、必死にもがいた。

そして、足の先がちょっと動いた感覚を頼りに、
俺はその夢から開放されたのである。

ハッキリと覚えている。

夢とは思えないくらい明確に。

彼女が言った、意味深げな台詞。

そして、その顔と声、話し方が全て…

綾波レイ、そのものであった事を。

………。

うわぁ…何か…
やだなぁ…。

漠然と残念ですよ…。

確かにサブカル好きだよ!

でも、違うと思ってたのに!

頑なに俺は、AKB寄りの道を拒んで来たと言うのに!

深夜はアニメより、タモリ倶楽部ですのに!

あぁ…。

「エバ?何それ?ガンダムみたいなの?
え?エヴァ?知るかいな!」

とか言ってないで、
ちゃんと見た方が良いすかね。
ちょ?今更ね。

んまぁそれは置いときまして、

そんなヲタな気配漂う夢からも、何やら考えさせられた俺。

それについて、さらに熱弁を奮いたいところですが、

なげ?し!!
指疲れっし!!

ん?、いずれ書きましょうかねぇ。

他にも書きたい事あるしねぇ。

つって、更新が一ヶ月先とかになりませんように!

飛べる豚になりてぇんだろ!俺よ!

はい、
頑張ってみます☆

鳥山大先生。

ペンギン村からおはこんばんちは?☆

ドヒサシ!

何だかまた一ヶ月以上の放置プレイをキメてしもぅた?( ̄▽ ̄;)

いつの間にやら秋ざんすね…。

今年も恒例の淋しい夜長が来たざんすね…。

オンギャー!

どうも、
無事に天下一武道会への出場も果たし終え、
つかの間ホッと一息♪

打ち上げ気分で、
呑んだくれウィークエンドを過ごした団長です。

いやはや!
ホントにありがとうございました☆

遥々遠くまで足を運んで下さった皆様!

「見に行けないけど…」
と、わざわざ応援の言葉を送って下さった皆様!

団長は、そんな皆様のあつあつ厚?い人情に感動したであります!
(T^T)

秋深し 止まぬ感涙 咽ぶ声
あなかま夜はも 更けやらぬ

神様?!
俺は一人ぼっちなんかじゃなかった?!

「孤独死寸前の明け暮れだぜ!」
なんて、テキトーな事ほざいて生きて来たけど…
ギョギョ・ギョメンなさ?い!
うわ?ん!

こんなにも沢山の人達の心意気に支えられとったんにゃ?!

あぁ、どうしたら…。
俺は一体、何でお返しをすれば良いのだろう…。

まだまだ武天老師には到底及ばぬ、この力を持ってして…。

うぅ。
さっぱり解らないので、俺は決めました!

とにかく『生きて』みます。

いつか七ツのボールが集まると信じて!

いつかでっかい龍に逢えると信じて!

修行はどこまでも続くと思われ、
手から何か気孔波が出せるようになんのさえ、いつになる事やらって感じの
不器用な俺ではありますけれども。

どこかに、きっと行けるでしょう。

そしたら何かが、きっと出来るはず!

え?っと…
ですから皆様、しばしお待ち下さいね☆
エヘッ。

あんにゃ?!
頑張ります!

取り急ぎ、タオパイパイぐらいは倒せるようになんぞ!

オラ、もっと強くなりてぇ!

よ?し!
そうと決まればさっそく修行だ!

つって、ちょっくらカメハウスに行って参りま?す♪

えと、実は他にもいろいろ書きたい事が溜まってたんですが、
今回は御礼の回にしまスタ☆

また次回から小出しにしまぷ☆

とにかく皆々様方☆本当にありがとう!!

そして今後もどうか、こんな団長をヨロシクお願いします。
<(__)>

 | HOME | 

プロフィール

ペロリスト☆鰯団長

Author:ペロリスト☆鰯団長
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (48)
何となく鰯 (15)
鰯周辺 (2)
鰯のお出かけ (3)
鰯動画 (2)

FC2カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。